エイディシーテクノロジー保有特許のご紹介

知的財産ビジネス

特許を買いたい方

新たなビジネスをはじめるとき、当社保有の特許の中に、御社の新規ビジネスが抵触しそうな場合がおありでしたら、是非当社へご連絡ください。

エイディシーテクノロジーが特許実施許諾契約のご提案をさせていただきます。

知的財産の専門家である弁理士が、その仕組みが特許に抵触するのかどうかを判断し、抵触すると判断した場合には、当社保有特許を適正な価格でご提供いたします。

知的財産権とは?

 知的財産権とは制作者に権利を与えるもので、知的財産のうち、「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」を「産業財産権」といいます。 (従来は「工業所有権」という呼称が一般的でした)

  • 特許権
    自然法則を利用した、新規性のある、産業上有用な発明に対して20年間与えられる独占権。
    例:長寿命、小型軽量化したリチウムイオン電池に関する発明
  • 実用新案権
    物質の形状・構造・組み合わせに関する考案(小発明)に対して出願から10年間与えられる独占権
    例:コンパクトに電話機内に収納できるアンテナの構造に関する考案。
  • 商標権
    商品・役務に仕様するマーク(文字・図形・記号など)を登録して保護。(10年後とに更新可能)
    例:電話機メーカーが、自社製品の信用保持のため製品や包装に表示するマーク
  • 意匠権
    美観・新規性・創造性の形状・模様・色彩に関するデザインを設定登録から最大20年間保護。
    例:携帯電話をスマートな形にしたような形状や模様、色彩に関するデザイン