Bluetooth通信を利用したオートロックシステム

■概要

  • 車上荒らしなどの被害を防ぐため、車両には様々なセキュリティが施されています。
  • 特に配送業者の場合、配送中、一時的にトラックのそばを離れる際には、荷台や台車にしっかりと施錠をする必要がありますが、数多くの荷物を配送する場合、施錠・開錠を毎回行うのは大変です。
  • その手間を省く工夫をするだけでも作業効率を向上させるきっかけになるのではないかと思い、下記のような製品を企画いたしました。
  • 当社が得意とするBluetooth技術を活用したオートロックシステムです。
     
  • 本製品を利用したいという企業様や、当社と本製品の開発・販売をして頂ける企業様を募集しております。

■主な特徴

  • Bluetooth接続
     錠前とスマートフォンをBluetooth無線を利用して制御。

  • 自動的に施錠/開錠
     配送の効率を下げずに盗難防止。ロック忘れも防止。

  • 簡単ペアリング
     バーコード(QRコード)を利用して最低限の操作で簡単に接続。


Bluetooth無線通信を利用した鍵の制御

bt_key001.gif
あらかじめ鍵とスマートフォンをBluetoothで接続しておきます。スマートフォンとトラックが通信可能な距離にある場合には荷台の鍵が自動的に開錠されます。何も操作をする必要がないので、スムーズに荷台から必要な荷物を出すことができます。
 
 
 

 bt_key002.gif

スマートフォンとトラックの距離が一定以上離れると、鍵は自動的に施錠されます。一時的に車から離れて荷物を届けている際に盗難の被害にあう危険を防止します。

 

バーコードによるBluetooth認証

トラックに貼りつけているQRコードをバーコードリーダーで読み取るだけで簡単に鍵とスマートフォンのペアリング(接続認証)が完了します。Bluetooth接続に必要な「機器の検索」や「パスキーの入力」など、煩雑な操作を省略することが可能です。

 bt_key003.gif

 

 

自動車のエンジン操作との連動(オプション機能)

走行中に誤って開錠してしまうのを防ぐため、イグニッションキーがONの時はBluetooth錠への電源供給をストップします。(車両から電源を供給する場合)


 bt_key004.gif

bt_key005.gif

 

詳しい資料のダウンロードはこちらです。